NFTアート本物の見分け方

大切な事

履歴を見る

NFTアートには作品と一緒に取引履歴もセットで付いてきます。

Aさんが作品作りをしてだんだん人気が出てきてNFTアートで売り出した場合、Aさんの作品にはmint to Aさんと言う履歴が作品履歴に着きます。

これはAさんに対して鋳造されたと言う意味になります。

仮にBさんがAさんの作品をコピーしてきて出品した場合作品履歴にはmint to Bさんと刻印されることになります。

同じ作品でも描いたAさんが世に送り出したNFTアートとBさんが送り出したNFTアートではやはりお金を出す側としては、Aさんのものと言う保証書のついた方を所有したいと思うようになります。

こうしてNFTアートの世界では本物だけが残るようになります。

仮にBさんの方を所有していた場合争いになった場合Bさんの作品はNFTアート市場から締め出される可能性があるからです。

結果やはりAさんの作品の方が生き残る可能性が高いのです。

この世はバランス

これからの時代は巨大な権力が全てをコントロールするわけではありません。

それぞれがそれぞれにバランスをとって皆仲良く暮らすと言う時代になっていきます。

そうした場合やはり本当のものが残る、より本物の時代になっていきます。

なるべく想いを大切にこれが本当のものじゃないかと言う想いを大切に行きたいものです。

もしそれが本当に本物のものであった場合それは必ず残っていくでしょう。

想いを大切に。

まる

お読みいただきありがとうございました。ランキングサイトに参加しています。クリックしていただけると順位が上がります。またお会いしましょう。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

大切な事
スポンサーリンク
まるをフォローする
まるの幸せの見つけ方

コメント

タイトルとURLをコピーしました