人生の仕組みは願う努力する叶う喜ぶの繰り返し

人生

ねどかよ

人生の仕組みはいたってシンプルである。ねどかよである。

ね(願う)ど(努力する)か(叶う)よ(喜ぶ)の繰り返しである。

これは人生の至るところに広がっており、あーコンビニでアイスが食べたいと思えばそう願いコンビニまで努力して行き手にすることが叶い食べて喜ぶのである。

仕事を早く終わらせたいと願うのもそれを努力し叶いそして喜ぶのである。

仕事を上達させたいと願うのも努力し上手くなりそして喜ぶのである。

その繰り返しである。

すべてのことが基本的に可能であろう。

ものすごい努力が要ることやとても時間のあることが当然あるけれどもそれを成し遂げれば当然叶い喜べるのである。

総理大臣になりたいと願えば選挙に出たり勉強したりなど途方もない努力と時間をかければ叶い喜べるのである。

物理法則に反しない限りすべての事は可能である。

物体は重力に引かれるとか、物体はだんだん砕けていくとかどういった誰がやっても不可能なことはできないけれども、少なくとも誰かにやれる事は可能なのである。

結婚も就職も活動もそういった状況も物理法則に反しないならば当然可能なのである。

物理法則はニュートン力学とかエントロピー増大の法則とか勉強すると学べるが、これらの物理法則に反しない限りすべてのことは可能だ。

簡単に言ってしまえばそれをやれている人がいる事は可能な事と言える。

①やり方②量③時間

をかければすべてのことが可能だ。

叶えれる事はどんどん叶えていって行けるとこまで行こう。

叶えたい事はどんどん挑戦していこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました