社会に対する影響度によって見えてくる世界が違ってくる

人生

世の中には世界に対して影響与える立場の人たちがいる。

それは小さなものからとても大きなものまで幅が広い。

近所のおばちゃんたちのリーダーから街のコミュニティーの運営者から市長から町長から知事から総理大臣までその影響力はどんどん大きくなっていく。

そうなると見えてくる世界がおそらく違うだろう。

それはサムシンググレート(大いなる何か)の作用によるものなのかその人を取り巻く環境でその人のことを知らない人たちの中でもやはりその影響力が出てくる。

本人にとっても人生において自分の人生やったったと言う何かしら誇りや自尊心に似た何かを感じるだろう。

自動運転のシステムを作った人とか何かのアプリを作ったとかそういった世の中に対して何かをしたと言う事実が必ずその人のことを知らない人たちに対してでも影響を及ぼすしそしてその人自身にも何かしら必ず有益なものをもたらすだろう。

だから仕事でも活動でも何でも何かしらこの世に対して俺はやったったという何かを持つとおそらくとても幸せになれるだろう。

何かしら社会に対して爪痕を残す一矢むくいいるということを心がけていくと自尊心だとか誇らしさだとか達成感など幸せな気持ちになれるだろう。

だから何かしらする事はとても大切な事なのだ。

それはYouTubeで歌を歌うといった活動でも同じでおそらくその影響はその人のことを知らない人に対してでも働くだろうしもちろんその人本人に対しても働くだろう。なんか明るくなったよねとか。その内運命すらも動き始めるだろう。

やったことは無駄にはならないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました