一喜一憂しないと良い状態を保てる

人生

満たされた状態

まるの幸せの見つけ方で目指すべきものは満たされた状態幸せな心ポジティブな前向きなといった状態だ。

ほとんど人生はそれに尽きる。

ただ虎穴に入らずんば虎子を得ずといった言葉があるように、多少のリスクを背負わないと物事を成し遂げられないということがよくある。

そもそも人生において人の状態心の状態は目まぐるしく変わる。

人も環境も状況も常に移り変わる。

良いこともあれば悪いこともあり幸せだったり辛かったり嬉しかったり悲しかったりいろいろな状況が移り変わっていく。

それ自体は悪いことでは無いのだそれがそもそもの宇宙の姿だからだ。

むしろそういうことに億せずどんどん飛び込むことが好ましい事は確かだ。

ただ状況が悪くなってくることも当然ある。

そんな時冷静に戻れると良い。

冷静と言う話満たされた状態幸せな状態ポジティブな前向きなといった状態。

理想は朝起きたらこういった状態で目が覚め

日中世の海で存分に泳ぎ

夜寝るときに再びこういった状態に戻るというのが理想的だ。

先人の言葉

そのために先人の言葉がある。

状況が千差万別商業無常である以上、それに対応する言葉はそれこそ星の数ほどある。

そのうちの1つが一喜一憂しないだ。

ことに向かってがんばって努力する時良い時も悪い時もある心も嬉しかったり苦しかったりする。

そんな時この一喜一憂しないと言う言葉を思い出すと満たされた状態でことに望むことができる。

努力がうまくいき心が満たされて物事がうまくいき幸せな状態で日々を送ることができるようになる。

前向きな心で

秘訣は前向きな心で一喜一憂しないということだ。

何事も前向きな心と後ろ向きな心の2種類がある。

同じ一喜一憂しないでも前向きな心で一喜一憂しないと満たされた心になり

同じ一喜一憂しないでも後ろ向きな心で一喜一憂しないと冷めた状態になる

だから前向きな心で一喜一憂しないようにしよう。

前向きな心とは好ましいポジティブなといった意味である。

そういった心持ちを待てながら一喜一憂しないを心がけていきたい。

心持ちの方法

ではどうしたらそういった前向きで好ましいポジティブな状態の心持ちでいられるだろうか。

そのためには早起き朝ご飯である。

朝早く起きて朝ごはんをちゃんと食べる。

この生物として理にかなったことをしていると物事が理にかなったように進んでいく。

人間も自然の一部だから自然と同じような生き方をしていれば自然と同じような生き方になるのだ。

この良い状態ポジティブな前向きな好ましいといった状態はそうした建設的な生き方から生まれるのだ。

どうしたらやれる

ではどうしたら朝早く起きて朝食を食べれるようになるだろう。

そのためには朝早く起きて朝食を食べたくなる位人生を建設的に過ごしたくなる位嬉しくなるようなことをするのだ。

そうつまりは好きなことをするのだ。

好きなことがあれば朝早く起きて朝食を食べれるようになる。

好きな事の見つけ方

どうすれば好きなことが見つかるだろうか。

そのためにはトライ&エラーと少しばかりの継続がものを言う。

いろいろな物事に挑戦してみてやれそうなものを見つけるのだ。

やれそうなものをしばらく続けてみて楽しかったり楽しくなかったりするんだけれども、その中でも楽しかったことだけを糧に続けてみるのだ。

そうこうするとこのリズムの中に入ることができる。

そうしたら今度はもう一喜一憂せずに前向きな心で楽しみながら続けていくのである。

結局は継続は力なりなのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました